大規模修繕をすれば住宅が丈夫で長持ちする

模型

具体的な流れ

東京ではマンションやビルなどの建物がたくさんあるため、大規模修繕を行う機会がとても多いです。大規模修繕を行うには複数の団体が関わってくるため、計画的に行わなければいけません。最初の段階で話し合いを行い、そこから建築会社に依頼して工事が始められるので、大勢の人に連絡を行い協力を求める必要があります。

マンションの価値を維持

女性

定期的な見直しが必要

マンションの大規模修繕は、管理組合によって方針は異なりますが、一般に10年〜20年ごとに行われます。東京ではタイル張りのマンションが多くなり、耐久力は昔に比べて向上していますが、それでも15年程度が大規模修繕の目安になっています。大規模修繕が必要な理由として、安全性や居住性の確保、資産価値の維持などが挙げられます。気候条件が比較的穏やかな東京でも、紫外線や風雨による外壁の劣化は避けられません。塗装が浮いたりひび割れたりすれば、そこから雨水が浸入して、さらに劣化を進行させてしまいます。そのまま放置しておくと、外壁の落下などの危険が発生する恐れがあります。また雨漏りや隙間風の原因となり、快適性を損なうことも大きな問題です。劣化したマンションは美観の面でも価値の低下を招きます。中古マンションを売却する際にも、東京では競合する物件が多いため、手入れの行き届いていないマンションは価格が低くなりがちです。適切な周期で大規模修繕を行うことにより、資産価値の下落を最低限に抑えられます。外壁塗装以外にも、屋上防水工事や給水管・配水管の交換など、状況に応じてさまざまな補修が必要になります。劣化が進行していなければ、一部の工事を省いて費用を節約することもできます。マンション管理会社に丸投げするのも一つの方法ですが、東京には大規模修繕を専門にしている業者も数多くあります。専門家に相談することで、コストパフォーマンスに優れた修繕工事ができる場合もあります。

マンションの修繕

大規模修繕の定義としては、通常の修繕工事よりもかなり広い範囲を工事するというものです。その目的は水道管やガスなどの配管設備と電気設備、空調設備の修繕と主要構造物が傷んでいないかの審査となっています。それも重要なものなので、修繕積立金はしっかり確保していきましょう。

修繕の流れ

マンションの大規模修繕は経年劣化を防ぐ為には必要です。費用もかかる事なので、マンションの管理組合で実施を決定します。方法は設計事務所等に依頼する、管理組合で業者を選定する、管理会社に依頼をする方法がありますが、修繕を行う際には建物の診断・調査を行い現状を把握する事が重要です。